人生100年時代に向けた資産形成

自動売買の仕組みとハイレバレッジを活用して老後資金を作る!

2019年1月8日(火)FXの収益実績

 1日間の取引成果

MT4口座の収益獲得状況 ( 豪ドル/円 )

決済回数13回 / 1,443円

リピート系EAによるL+ 手動注文によるS

月間累計収益 ▲2,365,763円   口座資産  123,574円

※ 口座資産はブログ更新時点

 

全13回の決済は自動売買(EA)による取引です!

@110円(11pips × 1,000通貨)です!

 

 

豪ドルが下がって欲しいのですが凄く粘って下がってくれません ⤵

個人的には76円台に下がってほしいのですが……

 

なぜならば、またもや手動注文で取得したSポジを予定以上に抱えてしまい、

現時点の証拠金維持率が昨日よりさらに下がって約320%です……

 

今後も上昇を続けると踏み上げによる強制ロスカットの恐れがあります ⤵

 

なお、現時点で保有するSポジは75.28円から77.98円の間で分散しており、

とりあえず、いつ下がってもいいように、

一部を77.13円で手動決済注文を出しておきます!

 

 

100年時代が利用する「最大レバレッジ888倍」の海外FXブローカーです!
< XMTrading 公式サイト > 

< 取引口座の開設手順を解説!>

 

 

 

さて、1月3日(木)に発生したフラッシュクラッシュによって

このブログで公開している2つの口座が強制ロスカットされましたが、

他に利用している取引口座(MT4、トラリピ、裁量取引専用)では、

一時的に含み損が拡大したものの強制ロスカットからは免れました ♪

 

もし、他の複数の取引口座でも発生していたら、

FX取引から退場することになったでしょうし、

おそらくブログを更新する気にはなれなかったと思います ……

 

 

ところで、フラッシュクラッシュが発生した当日の豪ドルの最安値について

他で利用している取引口座(FX業者)の状況を状況を調べてみましたが、

やはり業者ごとに大きく違いがありました!

 

ちなみに私が利用している(ポジ有り)代表的な口座はこんな感じです!

 

① MT4口座  A社     70.199円

② MT4口座  B社  70.676円

③ ループイフダン          70.616円

④ トラリピ          70.50円

⑤ 裁量取引口座 A社  72.835円

⑥ 裁量取引口座 B社  71.94円

 

ちなみに、この中で最安値を付けた①が

このブログで紹介しているMT4口座なので最も下落したということです ⤵

 

その一方で⑤が最も下落しなかったということになりますが、

買手側の視点で見ると「なんで買えなかったのか 」という不満が残ります

 

フラッシュクラッシュが発生して急落したときには私はぐっすり寝ていたので、

どの程度のスプレッドの開きがあったかは分かりませんが、

最安値を付けた①で安く買えた方も沢山居られることと思うので、

一概には何が良いとは言えません!

 

たまたま私は①の口座で強制ロスカットを食らいましたが、

もしそうなっていなければ「安く買えてラッキー」

という風になったかもしれないのです!

 

このようにFX業者によってレートのバラつきもありますので、

こういう時のレートなども参考にして利用する口座(業者)を見直して

みるのも良いと思います!

 

少しお恥ずかしいのですが、私自身、幾つも口座を開設して利用しています。

実際に利用してみて、“ こりゃだめだ!良いとこなし!” という業者は

もちろん過去にはありましたが、どこかのタイミングで利用している

具体的な口座を紹介したいと思います。

 

おっ!、豪ドルが下がってきた(円高)。

がんばって 77.13円まで下がって  (^|0|^) !!