人生100年時代に向けた資産形成

自動売買の仕組みとハイレバレッジを活用して老後資金を作る!

2020年8月3日(月)~8月7日(金)の収益

 1週間の取引成果

 

FX取引による収益の獲得状況 ( 取引通貨:豪ドル/円 )

決済回数:           278回     週間収益:   12,289

8月収益:        12,289  口座残高: 462,586円
これまでの入金額(元金)73万円

※ このブログ開始以降の月次収益(累計含む)はこのページに記録しています

 

これらの取引は「自動売買ツール」を活用しています ♪

※ 自動売買の仕組み等についてはこのページで解説しています 

 

各日次の収益は次のとおりです

3日(月)/  2,030円、4日(火)/ 1,938円、 5日(水)/  4,342

6日(木)/  3,090円、7日(金)/ 889

 

今週は1日あたり 約2,400円 を稼いでくれました ^_^; /

 

決済回数は自体は多いのですが、獲得した収益はそれほど大きくありません ⤵

12,289円 ÷ 278回 = 44.2円 なので

1決済あたりの収益は44.2円という結果です!

 

それもそのハズ、本来はEA(自動売買プログラム)で自動的に1決済あたり

120円の収益を獲得するよう設定しているのですが、

120円までの収益が乗らない前に手動取引で決済しているからであります!

 

この口座は海外FX業者「AXIORY」で開設したもので、

7月1日から9月末までの期間で30ロット(300万通貨)分を取引すると

最大3万円が還元されるキャンペーンに応募しており、

現在はこの条件を達成するため、取引量を増やすことに注力しているのです ♪

 

これまでの取引量は約11.5ロット(115万通貨)

残り約2ヶ月間で18.5ロットの取引を消化しないといけない計算です……

次週、相場が荒れて下落(円高)することを期待します(笑)

 

※ このキャンペーンの応募期間は終了していますのでご注意ください!

 

 

 

100年時代が利用する「最大レバレッジ888倍」の海外FX口座です!
< XMTrading 公式サイト > 

< 取引口座の開設手順を解説!>

 

 なぜ法人を設立してFX取引を行う人たちがいるのか? 

 

法人を設立し、その法人口座を利用してFX取引をする理由としては、

法人の方が税制上※や経費面で個人より有利であることが挙げられますが、

これら以外を理由とする方には、次のような考え方もあるようです!

※海外FX口座で取引する場合に限ります

 

1.社会保険に加入したい

個人の場合より総合的に負担が増える可能性がありますが、より手厚い厚生年金や

健康保険等の保障を得ておきたいという場合

 

あるいはFX取引だけを生業としていると、「自営業者」のような扱いにとなり、

保障が少ない割に高額な国民健康保険に加入しなけらばならないため、

この負担から逃れたいという場合

 

いわゆる個人負担は減るものの、新たに法人負担が発生するため、特に同族会社の

場合は財布は実質的には同じなので、単純計算で負担は倍になります!

 

 

2.社会的地位がほしい

「無職」あるいは世間ではなかなか受け入れてくれない「トレーダー?」といった

身分ではなく、「所属組織」や「会社役員」といった「肩書」がほしい場合

 

生活をしていると「勤務先」等を申告しなければならない場面に遭遇します……

例えば、クレジットカードの申込みなど金融系は全般的に必要ですし、

細かなことでは子供が通う学校から提出を求められる「緊急連絡先」の用紙に

勤務先の記入欄があったりします(笑)

 

さすがにここでは「トレーダー」とは記入できないので、「無職」や「専業主夫」

とするのでしょうが、何故か引け目を感じてしまうとのことで?!、

何かしらの所属組織がほしいということのようです!

 

 

ちなみに私も法人を設立してFX取引をしていますが、本業は普通の会社員なので

これらのケースには当てはまらず、

単純に「税制面」、「経費」のメリットを享受したいという理由だけであります!

 

私も将来は会社員を卒業する予定ですが、その後は「無職」の身分を貫こうと

考えています?!

 

いわゆる「無職」と言っても、お金を持っている場合と無い場合の2パターン

あり、実は現代ではお金持ちの「無職」が最強のポジションだと考えています(笑)

 

さて、この「最強」の理由はどこかで書きたいと思います ♪

 

 

当ブログの口座で利用している海外FX業者です!
< AXIORY 公式サイト >
< 取引口座の開設手順を解説!>