人生100年時代に向けた資産形成

自動売買の仕組みとハイレバレッジを活用して老後資金を作る!

2020年10月5日(月)~10月9日(金)の収益

 1週間の取引成果

 

FX取引による収益の獲得状況 ( 取引通貨:豪ドル/円 )

決済回数:            105回     週間収益:     9,615

10月収益:     10,552  口座残高:728,757円 

 

この口座では過去に2回の強制ロスカットを経て累計入金額(元金)は90万円です!

※ このブログ開始以降の月次収益(累計含む)はこのページに記録しています

 

これらの取引は「自動売買ツール」を活用しています ♪

※ 自動売買の仕組み等についてはこのページで解説しています 

 

 

各日次の収益は次のとおりです

5日(月)/  3,218円、6日(火)/  1,785円、 7日(水)/  1,475

8日(木)/  2,261円、9日(金)/     876

 

今週の1日あたりの収益は、まずまずの 約1,900 でした (^o^)/

 

 

前回はブログの更新をすっ飛ばしました!

 

約2週間ぶりのブログ更新です⤴

実は先週は家族で旅行していました(笑)

 

元々計画していた旅行ではなく、前々日にお気に入りの宿の予約が取れたので ♪

 

ちょうど、東京都民も10月1日以降の旅行が「GoToトラベルキャンペーン」

対象となりましたが、今回は太っ腹で「GoTo」を活用していません ^_^;

 

ここ最近、FX取引の成績が絶好調で ⤴

「GoTo]の割引がなくても旅行代金くらいはへっちゃらなのです(笑)

 

 

しかし、肝心のこのブログの口座の成績はいまいち ……

今回の大勝ちした取引口座を公開していくブログにした方が、

アクセス数が増えるかも?!と実は思ったりしてます(笑)

 

 

100年時代が利用する「最大レバレッジ888倍」の海外FX口座です!
< XMTrading 公式サイト > 

< 取引口座の開設手順を解説!>

 

 

 「法人」を設立する際に決めること (資本金・出資者)

 

さて、今回は「資本金」と「出資者」について紹介します!

「法人」を設立する際にはこの2点は予め定める必要があります!

 

 

最初は「資本金」についてです

実は、資本金が「1円」でも株式会社を設立することが出来ます

 

ずいぶんと昔は株式会社は1,000万円、有限会社は300万円以上という

設立時における資本金の条件があり、株式会社にいたっては自分以外に3名以上の

役員(取締役と監査役)が必要でしたが、現在はこの制約がありません ♪

 

昔に比べると法人設立のハードルが大きく下がっているので、

私のように副業感覚で簡単にスタートアップできるようになっています!

 

 

話を戻しますが、資本金1円の法人を設立することができるのですが、

現実としては、なかなか難しいのが実態です……

 

 

 たとえば株式会社を設立するためには最低20~24万円の費用がかかります ↓↓


 

一般的に「資本金」は「企業の信用力(体力)」を表すので、

「1円」や極端に少額である場合は、

「この会社は危ないのでは?」と判断されて取引を断られる可能性があります!

 

なお、FX法人に限っては基本的に銀行とFX業者との取引ができれば

経営することができるため、

一般事業者と比べると、いわゆる「外面」を気にしなくても良いわけですが、

それでも「1円の資本金」だと、取引口座を開設させてくれない可能性があります!

 

特に国内FX業者の場合は、法人口座の「開設基準」に最低額の「資本金」を

定めているケースがあり、もし、その基準が50万円以上となっていれば、

資本金1円の法人は当然にはねられてしまうわけです ⤵

 

したがって、法人を設立して取引を希望するお気に入りのFX業者があれば、

事前にその業者の「法人口座開設基準」を確認して、

その基準を満たす資本金の法人を設立することをおすすめします!

 

しかし、全てのFX業者がその「基準」を開示しているわけではなく、

中には全く開示していない業者もあります!

 

それでも一般的には資本金が100万円以上であれば、

殆どの国内FX業者の口座を開設できると思うのでご安心ください!

 

なお、「ヒロセ通商」などの一部のFX業者では資産200万円以上という

基準があるので、

「絶対にその業者に口座を開設したい」という意思があれば、

余裕を持って300万円以上の資本金とすることが良いと思います!

 

もちろん、500万円とか800万円という風に大きくしても

全く構わないのですが、最も効率が良いのは1~200万円ということのようです!

 

いつか理由を書きますが、資本金を1,000万円以上にしない方が良いですよ ♪

 

 

 

次に「出資者」についてです

出資者は誰がなれば良いかというと、答えは簡単で自分自身がなれば良いのです! 

 

自分自身が100%の出資者となれば、その会社の全てをコントロールすることが

可能となり、これが理想的な形であります ♪

 

ただし、100%の出資者となるためには、先に書いた「資本金」の全てを

自分自身で払い込む必要があり、

資本金を大きくするほど、自分自身(個人)の負担が増えることとなります

 

このようなことから、資本金が大きいことが絶対的に良いわけではないという

ことが分かると思います!

 

 

ここでおまけのテクニックの話です

 

実は私の会社は妻が社長を務めており、私は役員ではありません?!

 

一応、私は他の企業で働いているので、あえて役員にはなっていないのです……

※いつでも変更することができますが(笑)

 

このような役員の形態の場合、私が100%出資者となると

単に妻を社長にさせて、裏で私が全てをコントロールしているように

見受けられてしまうため、外部からは良い印象を持たれないことがあります ⤵

 

女性が活躍し、女性経営者が多くなった時代となりましたが、

まだまだ世間の見え方は厳しく、まして社長である妻が出資額0円となると

どうしても「受け」が悪いのです……

 

そこで私の会社の場合は、1/3を妻が出資して私と妻が株主となっています

 

このように「外面」だけではなく、2人で共同で経営している方が印象が良くなる

ようで、些細な工夫ですが、このような方法もあるということです!

 

もちろん、設立後においても出資者(株主)を変更するは可能ですが、

既にそう決めているのであれば、設立時に定めた方が効率かつ経済的です ♪

 

 

次回は「FX法人」を設立する際に決める「役員」「株式数」について

書いてみようと思います ♪

 

 

 

当ブログの口座で利用している海外FX業者です! 法人口座も開設できます♪

< AXIORY 公式サイト >
< 取引口座の開設手順を解説!>