人生100年時代に向けた資産形成

自動売買の仕組みとハイレバレッジを活用して老後資金を作る!

2021年5月10日(月)~5月14日(金)の収益

 1週間の取引成果

 

FX取引による収益の獲得状況 ( 取引通貨:豪ドル/円 )

週間決済回数:      190回      週間収益:     31,958円

5月度の収益:41,204円   口座残高:1,557,403円

 

過去に2度の強制ロスカットを経て、累計入金額(元金)は150万円となっています!

※ このブログ開始以降の月次収益(累計含む)はこのページに記録

  

これらの取引は「自動売買ツール」を活用しています ♪

※ このFX口座の自動売買の仕組みについてはこのページで解説

 

 

各営業日の収益は次のとおりです!

10日(月)/ 23,899円、 11日(火)/ 2,406円、 12日(水)/  2,003円

13日(木)/      881円、 14日(金)/ 2,769円 

 

この1週間の1営業日あたりの収益は、約6,300円 でした!

 

 

 

100年時代が利用する「最大レバレッジ888倍」の海外FXブローカーです!
< XMTrading 公式サイト > 

< 取引口座の開設手順を解説!>

 

 損切りしないと ……

 

1週間の収益が3万円を超えて久々に大きく獲れました!

 

この口座の取引成果を過去に遡って調べてみると

3万円超は「2020年6月15日の週」以来のことなので、約11ヶ月ぶりのことです!

 

www.hyakunenjidai.com

 

なお、僅か1週間の収益だけで4月度の月間収益額を上回りました!

 

 

さて、10日(月)の収益が約2万4千円となり他の日と比べると突出していますが、

これは豪ドルが高値を更新をする際に自動売買ツールの「逆指値+決済」注文が

ザクザクっと刺さって獲れたものなので、

決して私の裁量取引のテクニックが上手いわけではありません(笑)

 

単純に高値レートの部分ではハリネズミのように数多くの注文を仕掛けており、

これが多数掛かって取れているだけなのです!

 

その反面、この上昇過程で多くのLポジを取得して持ち越しており、

これから豪ドルが下落すると含み損に苦しむことになると思います……

 

 

そんな将来の苦しみを少しでも軽減するために、

このように大きく収益が獲れたときは「損切り」というポジション整理

行うべきなのですが、

この1週間はほぼ完全自動取引で放置しており、

損切りして身軽になっておけば良かったとあとで後悔しています ⤵

 

ようするに「損切り」をしないと収益は大きくなりますが、

逆に「損切り」すると収益が少なくなるという相対的な関係があります!

 

今回は、この取引口座だけで3万円を超えて「良かった、良かった」と

単純に喜んでいるわけにはいかないということです

 

 

さて、来週はどんな動きになるのでしょうか・・・・

私の希望は84円までの下落ですが、これに反して上昇するかもしれません ⤵

 

83.5円 ~ 85.0円のレンジが一番うれしいのですが……

 

 

会計処理や税務申告の業務を委託すれば、サラリーマンでもFX法人を運営できます!

 

 FX法人の経費化の恩恵!

 

前回はFX法人の「経費」を計上するための作業について書きました!

 

 

  

今回はそのFX法人の「経費」に際して私個人への恩恵について紹介します!

なお、法人の事務所が自宅と兼ねていることが条件なのでご注意ください ♪

 

 

たかがFX法人の運営ですが、それでも毎月経費として支出されるものがあり、

代表的なものとして「通信費」「水道光熱費」「事務所家賃」があります!

 

 

まずは通信費について

FX取引をするには通信環境が必要となりますので、ネット料金や回線使用料が

発生するわけですが、こちらについては私が個人で契約するネット環境を

FX法人にも使用させており、この使用料を法人から私個人に毎月支払っています!

 

法人で事業としてFXをするにしても、個人が利用するレベルの通信スペックで

十分なので個人契約のサービスを法人とシェアしているという形です!

 

また、固定電話携帯電話(スマホ)についても同様です!

こちらも契約者は私個人ですが、法人と共同で利用しているため、

同じように使用割合に応じた料金を法人から個人に毎月支払っています!

 

もちろん、これらは契約名義を法人に切り替えることにより、

その料金の100%を法人が負担する方法もあるのですが、

法人専用として使用するにはもったいないし

それぞれ法人契約の方が割高になる傾向があるので、この形態で十分なのです!

 

 

水道光熱費について

私のFX法人としては電気料のみを私個人に毎月支払っています!

当然ですが、電気の契約名義は私個人です!

 

厳密にいうと事業活動のなかで水道ガスも利用しているのですが、

そこまでは……ということで電気料のみに限定しています!

 

なお、こちらも使用割合に応じた部分に限定しており、

例えば請求料金の20%分を負担してもらうような形です!

 

この使用割合については事務所として使用する部屋と全部屋の面積などを勘案して

算出するのが一般的になっており、ネットでも沢山紹介されています!

 

もちろん税理士事務所に相談すれば一緒に計算してくれます ♪

 

 

会計処理や税務申告の業務を委託すれば、サラリーマンでもFX法人を運営できます!

 

 

事務所の家賃について

FX法人の事務所が自宅と兼ねていても、その家賃を経費とすることが出来ます!

なお、「自己所有」の場合と「賃貸」の場合では手続きが異なりますが、

それぞれのやり方についてはネットで多く紹介されています!

 

私の場合は自己所有なので、法人に対して部屋を貸すということとなり、

いわゆる「大家さん」という立場になり、法人から毎月賃料を貰っています!

 

これもいわゆる見積り計算が必要で、例えば近隣の家賃などを調べたり、

事務所として使用するスペースの面積等を勘案することが必要です!

 

 

なお、ここで注意しなければならないのは「自己所有」の場合であって

「住宅ローン控除の期間」が残っている場合です!

 

じつはこの場合は法人から「賃料」を貰うことが非常に煩雑なのです……

 

なぜならば、住宅ローン控除の対象となるのは住居の部分に限られるため、

事務所として使用する部分については対象外となるからです!

 

もちろん、細かく計算して住居の部分だけを住宅ローン控除の対象することが

可能ですが、計算が面倒ですし個人として全額還付を受けた方が経済的です!

 

このような理由もあり、自己所有の自宅を事務所として使用する私も

「住宅ローン控除の期間」が終了するまでは賃料を貰っていませんでした!

 

 

法人の経費が個人の収入に?

このように「通信費」、「水道光熱費」、「事務所家賃」といった経費については、

法人から支出されますが、その支払先は私なので単純に私の収入が増えます(笑)

 

これらの額は毎月数万円となり、私個人の家計には非常にありがたい存在です!

 

じつはこのようなやり方は一般の小規模企業では当たり前に行われており、

FX法人に限ったものではありません!

 

むしろFX法人のような手が掛からない法人が一般の法人と同じような

手続きができることにメリットがあるのです!

 

 

事務所家賃の注意点!

このように法人から自分に対し「通信費」、「水道光熱費」が支払われるのですが、

これらは所得には当たらず課税されません

※ 利益を乗せないで適正に見積計算している場合に限ります

 

いわゆる単純に「立替え分」を精算している形になるのです!

 

しかし、「事務所家賃」を貰う場合は「不動産所得」に該当するため、

個人として「確定申告」をする必要があり、ここには注意が必要です!

 

そのような理由で法人から賃料を貰わないという手がありますが、

私の場合は他にも「不動産所得」があり「確定申告」をするので賃料は貰います ♪

 

 

FX法人のメリット

今回は法人の経費に関する紹介の延長で個人のメリットを書いてみましたが、

これでFX法人の運営のメリットが少し深まったのではないでしょうか?

 

数万円のレベルですが、毎月法人から経費が支払われるので非常に助かりますし、

法人の節税にも繋がります ♪

 

 

こういった細かいレベルのメリットなどもあり、

世の中の専業トレーダーの多くは「法人化」しているのですが、

その方々の法人運営の手続きは明かされておらず不思議めいた部分があります(笑)

 

今後もそういった不思議な部分を少しでも紹介していければと思います!

 

 

FX法人を運営している私ですが、現実ではサラリーマンが本業です……

 

そんなサラリーマンから早くリタイアするために、来週も適当に稼ごうと思います!

 

 

このブログの取引口座で利用している海外FX業者です!法人口座も開設できます♪

< AXIORY 公式サイト >
< 取引口座の開設手順を解説!>