人生100年時代に向けた資産形成

自動売買の仕組みとハイレバレッジを活用して老後資金を作る!

FX法人を運営するために必要なものとは!?

プロトレーダー達はFX法人を運営!

FXで比較的大きな収益を獲得できるようになったり、確立したマイルールで勝ち続けるようになると、今度は法人化してより大きな収益を獲得する、あるいは節税したいと考えるようになってきます!

 

そういう私もサラリーマンの身分でありながら、副業としてFX法人(株式会社)を立ち上げて運営しておりますが、元々は「個人」で取引していた名も無きトレーダーであります(笑)

 

そもそも私が法人化した最大の目的は、当時の個人では50倍だったレバレッジが法人では300~500倍で取引できることだったのですが、現在では国内業者で法人として取引するにしても、レバレッジは約50倍程度に制限されているため、そのメリットは大きく失われており、それでも現在も法人の運営を続けている理由は「税制面」によるものが大きいと言えます!

 

 

このブログの取引口座で利用している海外FX業者です!法人口座も開設できます ♪

▼ AXIORY 公式サイト
▼ AXIORYの取引口座の開設手順を解説!

 

 

FX法人は少ない準備で始められるビジネス!

これから法人でFXをする方にとっての最大の目的は、この「税制面」が大きく占めることになりますが、そもそもFX法人を運営するためにはどんな物が必要になるか気になることだと思います!

 

私も法人(株式会社)を立ち上げる前は「会計ソフト」などの特別な備品等が必要となり、これらを用意するための支出が発生するのではないかと想像していたのですが、実態としては既にあるもので代用できたりするため、あまり用意をする物がありませんでした(笑)

 

FX法人は「スモールビジネス」としての性格もあり、初期準備が非常に少なく直ぐに開始できる手軽な事業でもあります ♪

 

 

そこで今回はFX法人を運営するために必要な最小限のアイテムや環境等について、私のFX法人を例にしながら書いてみたいと思います!

 

特にFX法人の運営に関する実務については、ネットで検索しても情報が非常に少ないこともあり、私も当初は手探り状態でしたので、このページが将来の法人化を検討されている方にとっての参考になればと考えています ♪

 

なお、ここで記載する内容については、既に法人設立が完了という前提となりますので、その点について十分にご注意ください!

 

 

1.インターネット環境

現代はネット環境が必須な時代であります!

そのようなこともあり、インターネットが利用できないとなるとFXの取引自体が出来ないため、おそらくFX法人を運営することは難しいでしょう ⤵

 

ただし、その通信環境は超高速スペックである必要はなく、一般の家庭用の光回線の通信速度で十分ではないかと思います!

 

私のFX法人では、私個人が契約するインターネット環境を共同で利用しており、毎月、法人から個人に対して按分した使用料を支払っています!

もちろん、法人名義で直接契約することも可能でありますが、個人に比べて割高になる可能性があるため、既に個人のネット環境があれば、それを共同で利用する方が法人と個人の双方にとってメリットがあります!

 

なお、この共同利用に伴い法人から個人に対して支払う按分した経費に関しては、別の機会に書きたいと思います ♪

 

 

2.パソコン

法人化を考えているとなれば、ある一定額以上の収益を安定して獲得している方となりますので、おそらく既にパソコンはお持ちのことでしょう!

 

そうなると、そのパソコンをそのまま法人でも使用すれば良いということなので、新たに用意する必要はないということになります!

 

もちろん、100%を法人の経費とすることが可能なため、法人として新たに購入することは構いませんし、また、個人のパソコンを法人に貸与することで法人からレンタル料を得ることなども可能かと考えられます!

私のFX法人では、デスクトップ型とノート型のパソコンをそれぞれ1台保有しています!

昔は複数台のパソコンとモニターを利用して為替レートやニュース画面をたくさん映していたりしたものですが、最終的にはパソコンとモニターがそれぞれ1台有れば足りるということで落ち着きました!

なお、これらは全て法人として取得してきたもので個人の負担は無く、そのような経費の面では法人化して良かったなぁと常に感じています ♪

ちなみにノート型の方は日常的に使用しているわけではなく、長期間の旅行のときだけ持ち運んでいる感じです!

 

 

3.複合機

複合機と言っても、本格的なオフィスで利用するものではなく家庭用のインクジェット式の複合機で十分に足ります!

 

 

なぜ複合機が必要かと言うと、法人でFXを始めるには最初に銀行やFX業者に取引口座を開設することが必要となり、その申込み際には会社謄本や身分証明書等のデータを提供することとなるので、ここはスマホではなくてスキャナーで綺麗に読み取ったデータを使用する方が都合が良いのです!

※個人名義の口座の開設申込みと比べると提出する書類が多いのです ⤵

 

また、何かとコピー機能も活用できるので1台3役の複合機を準備することが望ましいということです!

 

なお、こちらについても、パソコンと同様に既に個人でお持ちであれば、そのまま活用しても良いでしょう!

 

私のFX法人では、主に複合機のプリンター機能を使用しており、その多くの場合は顧問契約を結ぶ税理士に送付する「売上」と「経費」の紙資料を出力するときになります!おおよそ1.5~2万円程度のもので十分です ♪

 

4.ソフトウェア

前出のとおり「会計ソフト」などは必要ありません。もしかして月額料金で利用できる「クラウド会計ソフト」なのか?と想像するかもしれませんが、会計処理や税務関係で使用するソフトウェアは一切保有しておらず、それら以外のソフトもFX法人を運営するうえでは全く必要ありません(笑)

 

 

私のFX法人では今日では必要がなくなった「PDF作成ソフト」を購入した実績があります!現在ではブラウザに表示された画面を「印刷」操作でPDF化できる※ようになっていますが、私が法人を立ち上げた当時は、その機能が装備されていないため「いきなりPDF」というソフトウェアを購入して利用していた時期があります!※PDF機能はWindows10から標準装備です!

 

要するに会計処理や税務に関する手続きを税理士事務所に丸投げすれば、この面については何ら用意する必要はありません ♪

 

 

5.事務用品類

ごくごく普通に筆記用具や用紙(プリンター紙)、インクなどをネットで購入したりしますが、ここで重要なのは会計処理や税務関係の紙資料を保存するための「事務ファイル」を用意することです!

 

個人でも法人でも事業を行っていると「国税関係書類」と呼ばれる売上に関連する資料や領収書等を一定期間(法人は最長10年間)保存する必要があり、要するに税務調査のときには、それらを直ちに提示できるような態勢にしなければなりません!

 

しかし、これらの紙資料を長期間に亘って綺麗に保存するには適切な事務用品を選ぶ必要があり、そのため私のFX法人では次のようものを購入して活用しています!

 

 

 

この左側の「マチ付きタイプのファイル」に1ヶ月分の売上や経費(領収書)等の紙資料を全部入れます。それを右側の「事務ファイル」に綴じるのですが、これには12個以上が入りますので、これ1つで1年間分を収めることができます!

 

難点といえば、この「事務ファイル」を最大10個(10年間分)保管しなければならないため、それなりのスペースが必要となりますが、それでもこの程度の少ないボリュームで済んでしまうのはFX法人ならではのことであります ♪

 

 

あとは私がFX法人を立ち上げたときに「ラベルライター」を購入しました。私自身、字が綺麗ではないので何かと重宝していますが、絶対に必要な物というわけではないと思います(笑)

 

 

6.メールアドレス

FX法人を設立したら法人専用のメールアドレスを取得しましょう!

なぜかと言うと、銀行(ネットバンク)やFX業者で取引口座を開設する際には必ず「メールアドレス」が必要となるからです!

 

ここで注意が必要なのは、個人で利用している金融機関で法人でも取引口座を開設する場合に同じメールアドレスで登録すると拒否される可能性があるということです!

 

しがたって、ここでは個人とは別のメールアドレスを登録することが望ましく、可能であれば無料のメールアドレスではなく、有料版を法人専用として用意する方が無難であり、そうすることで口座開設の審査の際には有利に働く可能性があります!

 

私のFX法人では月額200円のメールアドレスを取得して法人専用として利用しています。この場合は比較的簡単に法人名などを付けることが可能なので「ABC@〇〇.com」という具合に相手方にも「法人専用」ということが伝わり、その信頼性が増すので口座開設の審査で落とされる可能性が低くなるのです!

※私のFX法人は数多くの銀行や証券会社、FX業者で取引口座を開設しましたが、基本的に審査で拒絶されたことはありません ♪

 

 

まとめ

私自身、FX法人を運営する期間が長くなってきており、今回のこの記事を書くにあたって何が必要かと改めて確認してみましたが、法人を設立した当初に用意したもので十分に足りることが分かりました(笑)

 

実際に法人を立ち上げる前は非常に不安でしたが、既に保有している物や直ぐに用意できるものばかりということです!

 

このように今回はあくまで必要最小限のアイテムや環境に限って挙げてみましたが、あとはお好みでパソコン周辺機器だったり、デスクやチェアといったオフィス家具、常に新型のタブレットやスマホなど、法人として利用するものであれば法人の経費として何でも取得すれば良いと思います ⤴

 

ちなみに私は高級な事務デスクとチェアや空気清浄機なども使用していますが、ずっと欲しいと思っているのは「Lという頭文字の車」です(笑)

 

100年時代が利用する「最大レバレッジ888倍」の海外FXブローカーです!
▼ XMTrading 公式サイト

▼ XMの取引口座の開設手順を解説!

 

 

最後になりますが、序段に書いたとおり今回は既に法人が設立されていることを前提とした内容となっており、設立の際に必要な印鑑等は含まれていないため、ご注意いただきたく、その設立の際に必要な物等に関しては、別に記事を書いて紹介したいと思います!

 

※このブログで過去に法人の設立に関する内容を書いていますので、ご興味がありましたら探してみてください(笑)

 

それでは法人化に向けて是非チャレンジしてみてください!

 

▶ よろしければこちらのページもどうぞ!