人生100年時代に向けた資産形成

自動売買の仕組みとハイレバレッジを活用して老後資金を作る!

自動売買で利益を獲得する仕組みとその設定

 

 このブログで取引成果を公開している1号機~3号機の口座は、
「メタトレーダー4」(以下、「MT4」)という「取引ツール」
 利用することができるFX口座です!

 

 「MT4」とは「FX自動売買の共通プラットフォーム」のことで
  その一番の特徴は「EA(Expert Advisors)」という
「自動売買プログラム」を利用してシステムトレード(自動売買取引)
  実現できることです!

 

 また、多彩なチャート分析機能も搭載しており、移動平均、RSI、ボリン
 ジ ャーバンドを含む様々なテクニカル指標を手軽に利用することが可能で、
 システムトレード(自動売買取引)には必須のツールといえます!

 

このブログで公開している1号機~3号機の口座では、
いわゆる「トラリピ系」と呼ばれる「自動売買プログラム」
稼働させており、 

私自身が「仕事中」、「お出掛け中」、「就寝中」でも、
システムが自動で取引してくれる仕組みになっています!

証拠金に気を付ければ、基本的には「ほったらかし」でもOKです!

 

 なお、このEAは複雑なロジック等は組み込んでおらず、
「マネースクエア」が提供する「トラリピ」や、「外為オンライン」
「iサイクル注文」に似たような仕掛けで、非常にシンプルなものです!

 

 このEA(自動売買プログラム)の設定は容易に変更することが可能で、
 ファンダメンタルズや証拠金維持率等状況に合わせて適宜変更しており、
 現時点では以下の仕様で設定しています!(2020年4月2日時点)

 

< 1号機 >  稼働休止中
1決済あたりの収益 = 150円(15銭pips × 1,000通貨)のEAを3個稼働

 自動で1,000通貨の買い(L)注文が執行され、この注文で取得した
 ポジションが15銭上昇すると自動で決済され150円の収益を獲得します!

 EA①:77.27円~72.92円の間に30本の買い(L)注文
 EA②:77.32円~72.97円の間に30本の買い(L)注文
 EA③:77.37円~73.02円の間に30本の買い(L)注文

< 2号機 > 稼働休止中
 EA①:76.22円~72.92円の間に23本の買い(L)注文
 EA②:76.27円~72.97円の間に23本の買い(L)注文
 EA③:76.32円~73.02円の間に23本の買い(L)注文

< 3号機 >
 EA①:70.23円~65.13円の間に35本の買い(L)注文
 EA②:70.28円~65.18円の間に35本の買い(L)注文
 EA③:67.18円~65.23円の間に14本の買い(L)注文

 

 このようにEA①~③を5銭(pips)刻みで注文しているので、
 例えば、30銭(pips)上昇すると5回のポジション決済が執行され、
 150円 × 5回=750円の利益となります

 

 

「トラリピ」「ループイフダン」「iサイクル注文」などの
 独自の「自動売買システム」が充実している現在においても、
 なぜ、多くのトレーダー「MT4」を利用するのか?!

 

 その理由は「スプレッド」等の取引条件が非常に良好で
 圧倒的に取引に係るコストが安いからであります!

 

 取引量が多ければ多いほど、そのコスト差が大きく表面化するため
 システムトレード(自動売買取引)を手掛けるプロ・専業トレーダー
 必ずと言ってよいほど「MT4」を利用しています!

 私は2014年に元祖の「トラリピ」からの乗換えました(笑)

 

 これから「自動売買」を始めてみようと検討される方は、
「MT4」を選択肢の一つに加えてみては如何でしょうか?!

 


1号機~3号機は、以下の口座を利用しています!

 いずれも「MT4」を利用することが出来るFX口座です ♪

 

1号機で利用中!(安心の国内FX業者)
< 外為ファイネスト 公式サイト > 

 

2号機で利用中!(上級者向け海外FX)
< XMTrading 公式サイト > 

 

3号機で利用中!(プロ・専業トレーダー向け海外FX)
 < AXIORY 公式サイト >