人生100年時代に向けた資産形成

完全リタイアが目標! FX自動売買による日々の収益を公開!

2019年11月25日(月)~11月29日(金)FXの収益実績

 

1週間の取引成果!

MT4口座 の 収益獲得状況 ( 豪ドル/円 )

 

< ブログ公開1号機・国内FX口座 >

決済回数     9回   /       123

11月度収益    /    4,655円  口座残高 / 706,837円

 

< ブログ公開2号機・海外FX口座 >

決済回数     5回   /       219円

11月度収益    /    4,602円    口座残高 /    214,924円

 

※ 口座残高はブログ更新時点
  ブログ開始以降の月次収益(累計含む)はこちらをどうぞ

 

上記2口座の取引手法(自動売買EAの設定等)

 以下の内容で、自動的に注文、決済するようプログラム設定しています!

 

< ブログ公開1号機 > 

 6個のEAを稼働
1決済あたりの収益 = 120円(15pips × 1,000通貨)のEA(買い)×4個   実質未稼働!
1決済あたりの収益 = 200円(20pips × 1,000通貨)のEA(売り)×2個        実質未稼働!

  次の①、②を併用して収益を獲得しています   (^o^) /

 ①MT4を利用した自動売買取引による  ‟ 買い + 決済 ”、 ‟ S(売り) + 決済 ”
  ②手動注文による  ‟ S(売り) + 決済 ”  と ‟ 損切り決済 ”

 

 < ブログ公開2号機 >

   2個のEAを稼働

 ・1決済あたりの収益 = 180円(18pips × 1,000通貨)のEA(買い)×2個

  ブログ公開1号機と同様に手動注文取引 "S(売り)+決済 "

  

 FXの自動売買取引は、マネースクエアの ‟トラリピ “ でも実践できます ↓

マネースクエア

 

 

決済回数が極小でつまらん・・・・

この1週間の決済回数は上記のとおり、極小です(笑)

相場が大きく動かないから、差益が取れない・・・

 

先週に上、下のどちらかの一方に大きく動くと予想していたものの、

結果は、下が73.7円台、上が74.2円台と

比較的狭い範囲内の動きでした ^_^;

 

動かないから、決済回数が少ない!

決済回数が少ないから、儲からない!

儲からないから、つまらない!

ということです (笑)

 

なお、この動かない中でも1号機、2号機ともに以下の損切りを実行しました!

1号機:L75.38 × 1,000通貨 × 2  ▲約2,600円

2号機:L75.36 × 1,000通貨       ▲約1,300円

 

為替関連の掲示板を見ることがありますが、

来週の豪ドルの動きを上(円安)と予想する書き込みが多い・・・・

 

個人的には下(円高)を希望しているのですが、

さて、どうなりますかね!

 

 

    

 最大レバレッジ888倍のMT4取引! / 当ブログ公開2号機で利用!

 

 

「年金の日」の存在を最近知りました

11月30日は、「年金の日」なんですって!

 

"11、30"、"いいみらい"

"国民一人ひとり、「ねんきんネット」等を活用しながら

 高齢期の生活設計に思いを巡らす日"

 

厚生労働省が平成26年に設定したそうです!

 

ということで、

この機会に改めて自分の「ねんきん定期便」を確認して

将来を考えてみました!

 

"これまでの加入実績に応じた年金額"は、約110万円

これまで分だけで支給時期になると

年額額約110万円を支給してくれるということだね!

 

え~と!

現在の私が支払う月額の厚生年金保険料額は 56,730円

結構高い!これじゃ、手取りが少なくなるわけだわ・・・

 

あれっ!

この額は"31等級"で給与所得者(会社員等)が支払う最高額?

※おおよそ給与年収880万円位から、31等級になります(笑)

 

つまり、今後、給与所得が増額しても、保険料は変わらないから、

年金額の増加スピードは変わらず?!

 

逆に給与所得が減額するとスピードダウン ⤵

 

将来の年金受給額を年300万円(月額25万円)で目論んでいましたが、

 

目標:年300万円 - 実績:年110万円 = ギャップ:年190万円 

 

あと20年超で、この190万円のギャップを埋めることができるのか?!

 

こりゃ、無理なのでは・・・・

 

たとえ埋めたとしても、年金300万円だけで

"ゆとりある老後生活"は 出来るのか?!

 

公的な年金だけでは、老後が不安であることを改めて痛感しました ⤵

 

 

www.hyakunenjidai.com